愛知お散歩ナビ

愛知お散歩ナビゲーターのほとんどうどんが公園、施設、工場、神社仏閣、その他いろいろ興味のおもむくまま歩き回ります。なるべく車を使わないエコな旅を提案します。

知多半島一周ウォークDAY5 師崎ー内海(南知多町)

こんにちは!愛知お散歩ナビゲーターのほとんどうどんです。

 

ダイエット目的の知多半島一周ウォークは今日が5日目、師崎ー内海間を歩きます。知多半島の最南部、最も海がきれいな場所ですね。

 

目次

 

海っ子バスでスタート地点の師崎港へ

 

f:id:tamikiti67:20191101191410j:plain

名鉄河和線の終点、河和駅から美浜町・南知多町のコミュニティバス海っ子バスに乗って知多半島の南端、今日のスタート地点の師崎を目指します。公共交通機関で師崎に行くには海っ子バスの一択ですね。

 

河和駅からだと東海岸を通る師崎線と、内海駅を経由し西海岸から師崎に行く西海岸線がありあます。どちらに乗っても師崎に行くことができますが、西海岸線の方が時間はかかります。運賃はどちらも河和ー師崎間300円です。

 

www.town.minamichita.lg.jp

 

海沿いの道は歩道がない

 

f:id:tamikiti67:20191101185034j:plain

師崎港にやってきました。

 

f:id:tamikiti67:20191101184958j:plain

師崎港は日間賀島、篠島への玄関口です。

 

f:id:tamikiti67:20191101185114j:plain

師崎港を出て伊勢湾沿いに歩きますが、まともな歩道がなく怖いです。知多半島をぐるっと一周する国道247号線を進みます。

 

ja.wikipedia.org

 

f:id:tamikiti67:20191101185132j:plain

しらす、干物はこのあたりの名産です。

 

f:id:tamikiti67:20191101185239j:plain

本当に歩道が無いです・・・・ 道路の右側が安全なのか左側が安全なのか、どっちもどっちです。

 

f:id:tamikiti67:20191101185257j:plain

密漁したらいけません。道沿いのいたるところに看板がありました。それだけ密漁者が多いのでしょうか。

 

小佐漁港とまるは食堂

 

f:id:tamikiti67:20191101185318j:plain

小佐漁港にやってきました。船着き場以外、特に他の設備もない小規模な漁港です。

 

f:id:tamikiti67:20191101185358j:plain

すぐ近くには天然温泉うめの湯とまるは食堂旅館豊浜本店があります。まるは食堂はもはや説明もいらないくらいでしょうか、愛知県では有名な魚料理屋さんで名古屋や中部国際空港にも店があります。

  

f:id:tamikiti67:20191101185424j:plain

敷地には魚供養の碑がありました。

 

愛知県有数の漁港 豊浜漁港

 

f:id:tamikiti67:20191101185538j:plain

少し歩くと豊浜漁港です。愛知県でも有数の漁港ですね。万葉集にも「須佐の浦」と詠まれ、当時から漁港として栄えていたようです。

f:id:tamikiti67:20191101185640j:plain

漁協のホームページによると、水揚げされる魚は漁法別に以下のようになります。

 

小型底曳き網 ・・・マアナゴ、シャコ、スズキ、車エビ、サルエビ、フグ(シロサバフグ、トラフグ)、マアジ、キス、タイ類、カニ類、イカ類、コノシロ、タコ類、カレイ、カマス、など。
ぱっち網 ・・・カタクチイワシ、マイワシ、コアジ、コノシロ
船曳き網 ・・・イカナゴ、シラス
刺し網・・・ 車エビ、サルエビ、キス、サワラ、カレイ、メバル、コチ、アイナメ、アオリイカ、タイ類 

豊浜漁港について | 南知多 豊浜 魚ひろば Minamichita Toyohama Fish Garden

 

f:id:tamikiti67:20191101185700j:plain

漁港内にはとれたての魚を直売する魚ひろばがあります。豊浜漁協直営です。中に入ってみます。

 

f:id:tamikiti67:20191101191329j:plain

鮮魚や海産物のお店が中心ですが・・

 

f:id:tamikiti67:20191101185740j:plain

知多半島名物、えびせんべいの店もあります。

 

f:id:tamikiti67:20191101185758j:plain

こちらははんぺい。おいしそうです。しかしここでは何も買いませんでした。まだまだ先は長いので、ここで買ってしまうと荷物になりますので。

 

sakanahiroba.net

 

f:id:tamikiti67:20191101185818j:plain

ふたたび歩き始めます。豊浜の集落は港の背後の狭い平地に住宅が立ち並ぶ典型的な漁村風景です。

まるは食堂本館で豪華ランチにしました

 

f:id:tamikiti67:20191101185925j:plain

はんぺんはこのあたりでは「はんぺい」なんですね。

 

f:id:tamikiti67:20191101190004j:plain

漁港の横にあるまるは食堂本館にやってきました。ここがまるは食堂グループの1号店だと思います。他の店では食べたことありますが、ここは初めてやってきました。

 

f:id:tamikiti67:20191101190023j:plain

厨房の様子です。

 

f:id:tamikiti67:20191101190104j:plain

お昼もちょっと遅めでしたので空ていました。

 

f:id:tamikiti67:20191101190140j:plain

頼んだのは11月の日替わりコース。税抜2,100円です。海鮮丼に・・・

 

f:id:tamikiti67:20191101190200j:plain

鯛の煮つけ。これは絶品でした。

 

f:id:tamikiti67:20191101190122j:plain

そしてまるは食堂と言えばジャンボエビフライ。あらら・・、これでもかなり小さくなってしまったような気がします。昔はもっと大きかったと思いますが・・。写真の撮り方が悪いのかもしれません。でも味は良かったです。

 

f:id:tamikiti67:20191101190044j:plain

タコのサラダ。このほかに赤だしがつきます。

 

まるは食堂もペイペイが使えました。しかもキャッシュレス5%還元対象になっているようで計230円バックがありました。

 

f:id:tamikiti67:20191101190222j:plain

お腹が一杯になって豊浜漁港を後にします。

 

ひたすら海沿いを歩きます

 

f:id:tamikiti67:20191101190240j:plain

今日もいい天気でしたが、若干かすんでいて見えるはずの三重県方面の山々はあまり見えません。

 

f:id:tamikiti67:20191101190300j:plain

 

f:id:tamikiti67:20191101190319j:plain

安全のためなるべく国道を避けて1本中に入った路地を歩きます。

 

f:id:tamikiti67:20191101190343j:plain

味わいのある住宅ですね。

 

f:id:tamikiti67:20191101190402j:plain

干物をほす台が並べられていました。

 

f:id:tamikiti67:20191101190422j:plain

 

f:id:tamikiti67:20191101190510j:plain

桜公園の入り口がありました。看板にある心臓爆裂坂がすごく気になりますが、片道700m、往復1.4kmあるので今回はやめときます。その先にはすばらしい景色が待っているようですが・・・

 

 

家に帰って桜公園についてグーグルマップで調べてみると、年に数回空気の澄んだ日に桜公園から富士山が見えるとか! それはたしかに絶景ですね。 

 

山海海水浴場を通過

 

f:id:tamikiti67:20191101190617j:plain

山海海水浴場にやってきました。海水浴場の中心にある3匹のイルカの塔「ドルフィンタワー」がシンボルマークですね。

 

f:id:tamikiti67:20191101190557j:plain

遠浅の美しい砂浜で、内海から少し離れていることもあり混雑しないので、家族連れややゆっくり楽しみたい人向けの海水浴場ですね。

 

f:id:tamikiti67:20191101190635j:plain

途中、こんな高規格な歩道がありました。これは歩いていて気持ちいいです。

 

f:id:tamikiti67:20191101190717j:plain

このあたりは旅館やホテルも多い地区です。

 

f:id:tamikiti67:20191101190743j:plain

こちらは先ほど昼食を食べたまるは食堂の別店舗、MARUHA RESORT まるはドライブイン内海店です。海を見ながらBBQを楽しめるようです。

www.maruha-net.co.jp

 

f:id:tamikiti67:20191101190803j:plain

各テーブルにかっこいいBBQコンロが備え付けられています。

 

つぶてが浦

 

f:id:tamikiti67:20191101190824j:plain

堤防沿いを歩きます。

 

f:id:tamikiti67:20191101190857j:plain

つぶてが浦の鳥居にやってきました。昔、伊勢の神様たちが石の遠投げを競った際、内海まで届いた岩がつぶて浦になったといわれています。鳥居は伊勢神宮と対面するように立っています。

 

f:id:tamikiti67:20191101190919j:plain

この説明書きによると・・

 

f:id:tamikiti67:20191101191001j:plain

この山が知多半島の最高峰の高峰山(海抜128.3m)? 低っ! 知多半島は平らなところは少ないのですが、逆に高い山もありません。丘陵地がほとんどです。

 

内海海水浴場にやってきました 

 

f:id:tamikiti67:20191101191025j:plain

 

f:id:tamikiti67:20191101191043j:plain

 風が強いですが、写真では南国のように見えます。

 

f:id:tamikiti67:20191101191102j:plain

内海海水浴場にやってきました。名古屋人にとっては海水浴と言えば内海ではないでしょうか。こうやって改めてみると立派な砂浜ですね。遠浅できめ細やかな砂浜が約2kmにわたって続く海水浴場です。
 

f:id:tamikiti67:20191101191145j:plain

内海千鳥ヶ浜は、「日本の渚100選」にも選ばれている美しい白砂の砂浜で、世界で最も砂の粒が小さい砂浜と言われています。

内海観光協会|内海商工会

 

ゴールの内海駅です

 

f:id:tamikiti67:20191101191201j:plain

海岸から1㎞ほど内陸に入り、今日のゴール、名鉄の知多新線の終着駅の内海駅です。名鉄最南端の駅でもあります。田舎には似合わない高架駅です。

 

f:id:tamikiti67:20191101191221j:plain

うわー、古そうな車両が止まってました。

 

f:id:tamikiti67:20191101191246j:plain

こちらはおなじみのパノラマスーパーですね。

 

ここから知多武豊駅まで名鉄に乗って帰るのですが、それほどたいした距離(たった16.3Km)でもないのに運賃は530円! 25パーセント増しの加算運賃が適用されているそうです。

ja.wikipedia.org