愛知お散歩ナビ

愛知お散歩ナビゲーターのほとんどうどんが公園、施設、工場、神社仏閣、その他いろいろ興味のおもむくまま歩き回ります。なるべく車を使わないエコな旅を提案します。

犬山市コミュニティバス「わん丸君バス」で桃太郎神社へ行ってみました

f:id:tamikiti67:20211118220242j:plain

こんにちは!

愛知お散歩ナビゲーターのほとんどうどんです。今日は愛知県の犬山市の玄関口、名鉄犬山駅の東口バス停に来ています。

 

 

とてもお得なわん丸君バス

 

f:id:tamikiti67:20211118220301j:plain

今日は桃太郎神社を目指して犬山市のコミュニティバス「わんまる君バス」の栗栖・富岡線に乗車します。13人乗りでバスというかワンボックスですね。

 

www.city.inuyama.aichi.jp

 

f:id:tamikiti67:20211118220315j:plain

運賃は乗車時に車内で支払います。一乗車200円ですが、有無も言わさず200円で一日乗車券をもらえます。支払いは現金かペイペイのみ。マナカを含む交通系ICカードは使えません。

 

しかしけっこうお得ですね。行って帰ってくればも2乗車です。わん丸君号は全8路線あり、市内各所を巡っています。犬山城に行くのにも使えますね。

 

f:id:tamikiti67:20211118220340j:plain

今回は桃太郎神社参拝のため桃太郎公園バス停で下車します。

 

神社はバス停降りてすぐですが、このあと3つほど先の栗栖というバス停まで行って折り返してくるバスで帰るので見学時間はわずか20分ほどです。ちょっと慌ただしいです。

 

B級スポットの桃太郎神社

 

f:id:tamikiti67:20211118220446j:plain

桃太郎神社は愛知では有名な珍スポットです。テレビや書籍、ネット、SNSで数多く紹介されていると思います。あえてここで紹介する必要はないかもしれませんが、せっかく訪れたので記事にします。

 

御鎮座は昭和5年。桃太郎神社の位置する愛知県犬山市の木曽川沿岸に桃太郎誕生地伝説があり、鬼退治をした桃太郎は桃の実から現れた大神実命であると伝えられ、御祭神となっています。神社奥の桃山は桃太郎が最後に姿をかくしたところと伝えられ、太古からこの山をご神体として地域信仰の対象になっておりました。境内には浅野祥雲作のカラフルに彩色されたコンクリート彫刻が約20体あり、親子で桃太郎伝説を実感できることから、行楽シーズンには、たくさんの親子連れでにぎわいます。

桃太郎神社 « 犬山観光情報

 

f:id:tamikiti67:20211118220505j:plain

コンクリート像のお出迎えです。川で桃を拾ったお婆さんです。うれしそうですね。

 

f:id:tamikiti67:20211118220527j:plain
f:id:tamikiti67:20211118220545j:plain

おさるさんです。

 

f:id:tamikiti67:20211118220604j:plain
f:id:tamikiti67:20211118220621j:plain

犬です。どの像もクオリティーが高いのか低いのかビミョーですね。浅野祥雲さんという方の作品だそうです。

 

ja.wikipedia.org

 

f:id:tamikiti67:20211118220656j:plain
f:id:tamikiti67:20211118220639j:plain

キジさん。

 

f:id:tamikiti67:20211118220715j:plain

赤鬼です。ペンキは塗り直ししているのでしょうか。

 

f:id:tamikiti67:20211118220733j:plain

サルです。

 

f:id:tamikiti67:20211118220843j:plain

また犬です。

 

f:id:tamikiti67:20211118220903j:plain

またサルです。

 

f:id:tamikiti67:20211118220915j:plain

やる気のなさそうな顔ですね。(笑)

 

f:id:tamikiti67:20211118220935j:plain

鳥居の前には桃から生まれた桃太郎です。

 

f:id:tamikiti67:20211118220952j:plain

一糸まとわぬ姿です。

 

f:id:tamikiti67:20211118221011j:plain

やぶに潜む鬼たち。

 

f:id:tamikiti67:20211118221047j:plain

山に柴刈りに行ってきたじいさん。なんとなく誰かに似ているような気がしますが、名前が出てきません。

 

拝殿

 

f:id:tamikiti67:20211118221147j:plain

珍しい桃型の鳥居があります。あとから気づきましたが両サイドの緑の部分は桃の葉っぱですね。

 

f:id:tamikiti67:20211118221158j:plain

子授け、子供の神様としてご利益があるそうです。

 

f:id:tamikiti67:20211118221114j:plain

とりあえずお賽銭いれてお参りします。

 

f:id:tamikiti67:20211118221101j:plain

賽銭箱にも桃があしらわれています。

 

f:id:tamikiti67:20211118221209j:plain

犬山に桃太郎伝説があったとうのも不思議な話。

 

f:id:tamikiti67:20211118221220j:plain

 

f:id:tamikiti67:20211118221235j:plain

 

f:id:tamikiti67:20211118221254j:plain

サル、キジ、犬と桃太郎です。

 

f:id:tamikiti67:20211118221306j:plain

手に持っているのはきびだんごですね。

 

f:id:tamikiti67:20211118221324j:plain

 

f:id:tamikiti67:20211118221342j:plain

 

宝物館

 

f:id:tamikiti67:20211118221359j:plain

宝物館(入館料200円)があります。入り口の横には社務所があり人がいます。入り口にお金を入れる箱がありますが、お釣りが必要な時は中の人に直接支払うと良いでしょう。

 

時間はほとんどありませんが入ってみます。たぶん滞在時間5分ほどしかありません。

 

f:id:tamikiti67:20211118221446j:plain

同じようなコンクリート像がさらにあります。いったん写真を撮り始めると全部撮らずには帰れません。それが宝物館の狙いでしょうか。

 


f:id:tamikiti67:20211119070226j:image


f:id:tamikiti67:20211119001610j:image

子どもたちに人気の顔はめもあります。

 

f:id:tamikiti67:20211118221606j:plain

鬼退治に成功し桃太郎です。


f:id:tamikiti67:20211119001702j:image

鬼の背中にまたがり記念写真を撮ることもできます。


f:id:tamikiti67:20211119001856j:image

こんな記念写真も。

 

f:id:tamikiti67:20211119001632j:image

鬼退治の記念写真も撮ることができます。

 

f:id:tamikiti67:20211118221716j:plain

さっきまたがっていた鬼ですが、なんとも情けないアングルですね。

 

f:id:tamikiti67:20211118221806j:plain

老いてもなお労働にいそしむ老夫婦です。

 

なお平屋建ての小さな宝物館には鬼と桃太郎にまつわる物品が集められていました。鬼の金棒や鬼の珍宝なるお宝もありました。(写真撮影禁止)

 

f:id:tamikiti67:20211118221825j:plain

桃太郎神社は紅葉の名所でもあります。

 

f:id:tamikiti67:20211118221906j:plain

さあ、帰りのバスで戻ることにしましょう。バス停には3分前に到着しました。

 

f:id:tamikiti67:20211118221918j:plain

20分ほどで犬山駅東口に戻ってきました。短時間ですがB級スポットワールドを堪能することが出来ました。

 

犬山市のキャラクターわん丸君公式サイト