愛知お散歩ナビ

愛知お散歩ナビゲーターのほとんどうどんが公園、施設、工場、神社仏閣、その他いろいろ興味のおもむくまま歩き回ります。なるべく車を使わないエコな旅を提案します。

ノリタケの森とノリタケミュージアムに行ってきました(名古屋市中村区)


f:id:tamikiti67:20210811162327j:image

名古屋駅から徒歩15分、中村区則武にある㈱ノリタケカンパニーリミテド。(以降ノリタケ)

 

高級洋食器製造販売で有名な会社です。

 

 

 

ノリタケの森

 

f:id:tamikiti67:20210811221934j:plain

こんにちは!愛知お散歩ナビゲーターのほとんどうどんです。今日はノリタケの森にやってきました。


f:id:tamikiti67:20210811162345j:image

ノリタケの本社工場跡地が整備され公園になっています。緑の中にウェルカムセンター、ミュージアム、ギャラリー、レストラン、カフェ(現在休業中)などが点在しています。

 

まさに都会のオアシスですね。

 

赤レンガ建物


f:id:tamikiti67:20210811162502j:image

中央には噴水広場があります。

 


f:id:tamikiti67:20210811162404j:image

かつての工場の赤レンガ建物が今も残ります。


f:id:tamikiti67:20210811162417j:image

ここだけ切り取ると外国のようです。


f:id:tamikiti67:20210811162524j:image

敷地内にある1940年にノリタケにより建立された日陶神社。トヨタ自動車もそうですが、たまに神社を所有する企業を見かけます。やはり安全第一ということで製造業に多いかもしれません。

 

f:id:tamikiti67:20210811222649j:plain

敷地の一部は塀で囲われイオンモールが建設中でした。

 

イオンモール名古屋ノリタケガーデンとしてこの秋開業予定だそうです。どんなイオンモールになるか楽しみですね。こちらは名古屋駅から最も近いイオンモールになります。

 

ウェルカムセンター


f:id:tamikiti67:20210811162440j:image

ノリタケの森内のウェルカムセンターです。会社の歴史と製品群を紹介するショールーム的な建物で入場無料です。

 

ノリタケの歴史


f:id:tamikiti67:20210811162605j:image

内部です。入ってすぐはノリタケの歴史コーナーです。

 

株式会社ノリタケカンパニーリミテド(英: Noritake Co., Ltd.)は、愛知県名古屋市西区に本社・工場を置く世界最大級の高級陶磁器・砥石メーカーである。環境エンジニアリング事業も手がけている。「ノリタケ(則武)」は、創業地である愛知県愛知郡鷹場村大字則武(現・名古屋市中村区則武)という地名に因むものである。

本社があった名古屋市西区則武にはノリタケの企業文化施設「ノリタケの森」が開設、一般公開され、近年の名古屋政財界が提唱する「産業文化観光」の拠点のひとつとなっている。 

ノリタケカンパニーリミテド - Wikipedia

 

 
f:id:tamikiti67:20210811162625j:image

ノリタケの歴史を紹介する7分間のビデオを見ました。

 

ノリタケは森村市左衛門によって1904年、日本陶器合名会社として創業されました。

 

日本で初めて高級洋食器を製造、明治から戦前にかけて欧米に大量に輸出され、現地で絶大な人気を誇ったそうです。

 

そして洋食器、つまり磁器(セラミック)を扱うことから派生した、様々な新規事業を生み出していくこととなりました。

 

森村グループ


f:id:tamikiti67:20210811162653j:image

ノリタケの新規事業から、衛生陶器製造のTOTO、碍子製造No.1の日本ガイシ、車のスパークプラグの日本特殊陶業(NGK)といった会社が誕生しました。

 

錚々たる企業が並んでいますね。

 

これらの会社はノリタケを含め、森村グループと呼ばれます。

 

 

 

主力製品の砥石類

 
f:id:tamikiti67:20210811162716j:image

洋食器で有名なノリタケですが、今は砥石や研削・切削工具やセラミック関連製品が主力でしょう。砥石の砥粒も元をただせばセラミックですね。

 

セラミックス - Wikipedia

 

(現在洋食器の売上比率は15%ほど)

 


f:id:tamikiti67:20210811162731j:image

船舶用エンジンのクランク軸を研削する日本最大の砥石。大きさは私の背丈くらいあります。

 


f:id:tamikiti67:20210811162744j:image

製鉄所で鋼管をカットするための切断砥石。こちらも巨大です。

 


f:id:tamikiti67:20210811162801j:image

こちらはディスクグラインダー用の切断砥石やカッター類です。私もホームセンター時代に店頭で販売しておりました。

 

10枚で数百円といった大陸製の安い商品もありますが、切れ味と耐久性でノリタケ製は違うと思います。


f:id:tamikiti67:20210811162823j:image

いろいろなシーンで使用される砥石群。愛知県は自動車産業が盛んですが、研削・研磨の分野で縁の下で支えてきたのがノリタケの商品。

 

ノリタケミュージアム


f:id:tamikiti67:20210811162853j:image

洋食器類は隣りにあるノリタケミュージアムで鑑賞することができます。入館料は大人500円。

 

ミュージアムは4階建てになっていて一階と二階はクラフトセンターで、実際の製造工程を見学、学ぶことができます。

 

ガラス越しに職人さんが絵付けなどの作業を行っており、写真撮影は不可です。製造のためのいろいろな機械があり、磁器を焼成する大きなガス窯もありました。実際、クラフトセンターはボーンチャイナの製造現場だそうです。

 

※チャイナは英語で磁器そのものを意味します。ボーンは bornではなくbone で骨の意味です。ボーンチャイナは原料に牛の骨灰を加えた製品で、白さが際立ち、光の透過性を持つのが特徴です。

 

クラフトセンター・ノリタケミュージアム - 文化と出会い、森に憩う。 ノリタケの森

 


f:id:tamikiti67:20210811162919j:image

3階、4階はノリタケのオールドノリタケを中心に、これまでの製品の数々を見ることができます。ここからは写真撮影可です。

 


f:id:tamikiti67:20210811162934j:image

オールドノリタケとは第2次世界大戦までに作られた製品をいいます。コレクターも多いそう。

 

f:id:tamikiti67:20210811162954j:image

今でこそノリタケブランドは復活していますが、戦争で生産をやめていた時期があり戦後は一時期、戦前までの製品に比べ品質が低下し、技術を取り戻すのに大変だったそうです。


f:id:tamikiti67:20210811163009j:image

食卓をイメージしたディスプレイ。 

 
f:id:tamikiti67:20210811163038j:image

コーヒーカップとソーサーの数々。値段はついていません。歴史資料であり売り物ではないということなのでしょう。

 

f:id:tamikiti67:20210811163115j:image

高さ70cmくらいはありそうな大きな花瓶?です。 


f:id:tamikiti67:20210811163126j:image

これは何に使うのでしょうか? 眺めて楽しむものでしょうか?


f:id:tamikiti67:20210811163137j:image

 蓋がついた象ですが中に何を入れるのでしょう?


f:id:tamikiti67:20210811163149j:image

このオウムは胡椒入れだそうです。洒落てますね。

 


f:id:tamikiti67:20210811163207j:image

ノリタケらしい金の縁取りと繊細な絵付けの食器類。

 
f:id:tamikiti67:20210811163221j:image

普通に画家が描いた絵のようです。 さすがのクオリティ。


f:id:tamikiti67:20210811163233j:image

こちらは戦前、アメリカで食器を販売するときに、営業が顧客に見せた見本帳です。カタログみたいなもので、顧客は現物を見ずに見本帳を見て注文したそうです。 


f:id:tamikiti67:20210811163256j:image

 


f:id:tamikiti67:20210811163311j:image

創業時から現代にいたるまでの数々のディナープレート類です。

 


f:id:tamikiti67:20210811163401j:image

 

定休日

毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
年末年始

 

営業時間

・ウェルカムセンター
10:00~17:00

・クラフトセンター・ミュージアム
10:00~17:00

・ショップ&カフェ
2020年12月26日~2021年 秋頃(予定)まで休業

・ノリタケの森ギャラリー
10:00~18:00 (会期最終日は16:00まで)

・レストラン
11:30~16:00 (ディナータイムは貸切予約のみ)

 

※最新の情報はホームページをご覧ください

www.noritake.co.jp