愛知お散歩ナビ

愛知お散歩ナビゲーターのほとんどうどんが公園、施設、工場、神社仏閣、その他いろいろ興味のおもむくまま歩き回ります。なるべく車を使わないエコな旅を提案します。

夜の動物に会える!東山動物園のナイトZOOに行ってみよう(名古屋市)

8月18日(日)に私、愛知お散歩ナビゲーターのほとんどうどんは仕事を早めに切り上げて、東山動植物園のナイトZOOに行ってきました。

 

東山動植物園のナイトZOOとは

  

f:id:tamikiti67:20190818110704p:plain

東山動植物園 ナイトZOO | 東山動植物園

 

東山動植物園は名古屋市東部の千種区の丘陵地にある市営の動植物園です。2017年の入場者数は240万人で、これは東京の上野動物園に次ぐ日本第2位です。昭和59年には日本で初めてコアラを展示して人気を集めたほか、最近ではイケメンゴリラのシャバーニで有名ですね。

 

東山動植物園の「ナイトZOO」は、夏の夜に園内をライトアップし、いつもとは違う雰囲気で動物を鑑賞できる大人気イベントです。飼育員さんによる夜のアニマルトークや、動物の秘蔵映像を建物壁面に映写する東山夜空シアター、きらきらイルミネーションスポットなどイベントも盛りだくさんです。

 

2019年の開催日時は 8 月 10 日(土)・11 日(日)・12 日(月・祝)・ 14 日(水)・15 日(木)・ 17 日(土)・18 日(日)でした。ナイトZOO開催時は20 時 30 分まで開園時間が延長されます。(入園は 20 時まで)

 

基本的に雨天決行のイベントですが、今年は台風10号が上陸するということで14日は朝から閉園となり、ナイトZOOも中止となりました。

 

また料金は大人500円、中学生以下無料ですので通常時のチケット料金と変更ありません。ナイトZOOだけ入場してもいいですし、朝からそのままナイトZOOまで滞在してもかまいません。


f:id:tamikiti67:20190819000350j:image

ほとんどうどんは地下鉄で向かいました。夕方6時過ぎに地下鉄東山公園駅に到着し、入場口に向かいますが既に多くの人で賑わっています。


f:id:tamikiti67:20190819000405j:image
こちらが東山動植物園の正門入り口です。右側のチケット売り場も混雑しています。

 

夜の動物たち

 
f:id:tamikiti67:20190819000446j:image

夕方6時過ぎまでは、まだまだ明るいので普通に動物を観察することができます。


f:id:tamikiti67:20190819000510j:image

インド象もまだ活発に動いています。


f:id:tamikiti67:20190819000523j:image

シカです。


f:id:tamikiti67:20190819231413j:image
バテ気味のカンガルー。死んでいるかと一瞬思いましたが、大丈夫でした。


f:id:tamikiti67:20190819221434j:image

だんだん暗くなってくると動物の観察も難しくなってきます。暗がりにライオンが見えます。ガラス越しにライオンに近づいて観察できるコーナーは50mくらいの行列ができていました。大人気です。 


f:id:tamikiti67:20190819221504j:image

こちらは照明付きの獣舎の中にいるメスライオンですね。こちらは行列に並ぶことなぐすぐに見ることができました。雄ライオンもいました。


f:id:tamikiti67:20190819221944j:image

コアラ舎ですが、肉眼ではなんとかコアラさんが見えるものの、スマホのカメラではとらえることができません。しかし思ったより活発に動いていました。ちなみにナイトZOOではフラッシュ撮影は禁止されています。

f:id:tamikiti67:20190819221605j:image
アフリカゾウです。暗くてぼーっと浮き上がってみえます。飼育員さんが棒を使ってエサを与えていましたので、見物客の取り囲むフェンス手前まで来てくれました。

 

園内のイルミネーション

 
f:id:tamikiti67:20190819221717j:image

ここが最も派手なイルミネーションでした。メインイルミネーションの「動物と光の世界」です。


f:id:tamikiti67:20190819221736j:image

カリフォルニアアシカの池がライトアップされて幻想的です。


f:id:tamikiti67:20190819221752j:image
こちらは敷地内の遊園地のイルミネーションです。夜間も16種類の遊具を楽しむことができます。

f:id:tamikiti67:20190819221810j:image

観覧車が暗闇に浮かび上がります。 遊具に乗り放題のナイトパスポート(午後4時から午後7時45分まで)も1,000円で販売されていました。



f:id:tamikiti67:20190819231455j:image
東山動物園で一番の人気者、イケメンゴリラのシャバーニもライトアップされています。ちなみにナイトZOOではゴリラを含むサル類は公開されていませんでした。 


f:id:tamikiti67:20190819222746j:image

ホタルイルミネーションというのもありました。場所は北門広場から世界のメダカ館にかけてです。頭上の木々にホタルのような光が映し出されます。小さいプラネタリウムのような装置が道路わきに何個も取り付けられていました。

 

来場者にはこれが一番好評だったと思います。本当にホタルのようで幻想的できれいでした。みんな「わー、きれい!」と口々に言っていました。

 

f:id:tamikiti67:20190819222933j:image

こちらは建物の壁に映像を映し出す星空シアターです。画面が暗く画質があまり良くありませんでした。内容は東山動植物園の動物たちの秘蔵映像です。

 

園内は人、人、人・・・


f:id:tamikiti67:20190819222125j:image

噂には聞いていましたが、園内はかなりの人で混み合っていました。明るい時はいいのですが、暗くなってくると注意しないと反対側から歩いてくる人とぶつかりそうになります。


f:id:tamikiti67:20190819222033j:image

スカイビュートレインは敷地内を走る歴史のあるモノレールです。開催中は園内1周コースで毎日夜間も運行されます。


f:id:tamikiti67:20190819222008j:image

上池門広場ではパフォーマーがなにやら芸を披露していました。人だかりができています。期間中はハワイアンナイトや大道芸などが行われます。


f:id:tamikiti67:20190819222053j:image

キッチンカーはいたるところ出ていました。食べる物には困りません。


f:id:tamikiti67:20190819222909j:image
園内の池のボートはほぼ100%稼働していました。そんなに広くない池を何十台ものボートがアメンボのように動いていました。こんなにこの池のボートが動いているのは、いまだかつて見たことがありません。

 

今年はコアラ来園35周年ということで、ナイトZOOにあわせて金色のコアラボートがお目見えしたそうです。

 

まとめ

 

 個人的には暗くて動物をあまり良く見れなかったので昼間の方がいいかと思いました。ガチで動物目当てにくるとちょっと残念かもしれません。

 

しかしキッチンカーがたくさん出ていてイルミネーションもそこそこあるということで、お祭りを楽しむような感覚で来園する家族連れがたいへん多い印象です。

 

閉園時間の8時半はちょっと早いような気もします。閉園5分前でもかなりの数の人がまだ動物園内にいました。帰りの地下鉄の駅や駐車場はかなり混雑すると思われます。

 

また夜とはいえ、この時期はまだまだ暑いので水分補給は昼間同様しっかりと行わないといけません。坂道や階段もあるのでかなり汗をかきます。