愛知お散歩ナビ

愛知お散歩ナビゲーターのほとんどうどんが公園、施設、工場、神社仏閣、その他いろいろ興味のおもむくまま歩き回ります。なるべく車を使わないエコな旅を提案します。

所要時間3時間 名鉄電車初乗り運賃170円で大回り乗車の旅

こんにちは! 愛知お散歩ナビゲーターのほとんどうどんです。今回は名鉄電車の大回り乗車に挑戦してきました。ぜひ最後までお付き合いください。

 

大回り乗車とは

 

東海地方最大の路線網を持つ名鉄こと名古屋鉄道には、全国の私鉄で最長の大回り乗車可能区間があります。今回は170円きっぷで1枚でそのルートを巡ってみます。

https://ja.uncyclopedia.info/wiki/名古屋鉄道

 

 予定では170円の初乗り運賃で、スタート地点の名古屋本線は西枇杷島駅から津島、一宮、そして岐阜県に入って名鉄岐阜、新鵜沼、そしてまた愛知県に入って犬山、ゴールの名古屋本線栄生駅までぐるっと一周します。約3時間、乗り換え4回の距離にして96kmの旅です。ちなみに本来なら西枇杷島ー栄生間は1.7km、時間にして3分しかかかりません。

 

大回りのルールは基本的には同じ駅は2度通過しないとありますので、今回のルートはそれをしっかり守った形になります。不正乗車ではありません。

 

大回り乗車で名鉄電車を満喫!名古屋、岐阜間を回るルートや注意点!

 

 

西枇杷島駅が出発地です

  
f:id:tamikiti67:20190422125123j:image

スタート地点は名古屋本線の西枇杷島駅です。JR・名鉄名古屋駅から10分もかからないところにある駅ですが、非常にこじんまりとした駅です。

 


f:id:tamikiti67:20190422125151j:image

 駅舎も昭和の雰囲気が漂います。Wikipediaによると一日の乗降客数は約830人だとか。地方のローカル線の駅ようですがれっきとした名古屋本線上の駅です。ここは普通列車しか停車せず、近くにJRの枇杷島駅や名鉄の下小田井駅などもあり、そちらに利用者が流れてしまっているようです。

 西枇杷島駅 - Wikipedia

 


f:id:tamikiti67:20190422152323j:image

駅の運賃表です。なかなかの路線網ですが美濃線、三河線の吉良吉田ー碧南、猿投ー西中金の廃止などでだいぶ短くなりました。


f:id:tamikiti67:20190422125223j:image

西枇杷島駅は無人駅扱いですが駅員が常時います。私がICカードのmanacaを改札にタッチして津島方面のホームに向かおうとしたら、「まだです。時間になったら案内します。」と写真にある改札左側のゲートから外に出されました。

 

西枇杷島駅は特急、急行の通過本数が非常に多く、またホームの幅がやたらと狭いため、安全確保のため乗車可能な普通列車が近づいてきたときしか、改札口からホームに通じる遮断機を上げてくれません。この駅員さんは切符の販売や払い戻しの対応をするのではなく、このためだけにずっと常駐しているそうです。 


f:id:tamikiti67:20190422152356j:image

岐阜方面行、名古屋方面行と島型のホームがふたつありますが、このように幅がとても狭いです。狭すぎてベンチも待合室も設置することのできないホームです。

 

しかし今後、改修工事の計画があるそうで、この狭すぎるホームも、遮断機を上げ下げする駅員さんの姿も近い将来は見られなくなってしまうでしょう。

 

 この写真の弥富行の普通列車に乗車します。 

 

津島線・尾西線経由で一ノ宮へ

須ヶ口駅から津島線に入り、津島へと向かいます。愛知県西部の田園地帯と住宅地が混在する地域を走ります。

 
f:id:tamikiti67:20190422152425j:image

 20分ほどで津島駅到着です。津島市は津島神社、ユネスコ無形文化遺産の尾張津島天王祭りで有名な愛知県西部の街です。

 


f:id:tamikiti67:20190422152450j:image

ここで尾西線の一宮行の普通電車に乗ります。

 


f:id:tamikiti67:20190422172419j:image

平日昼間の車内はこんな感じです。乗客は少なめです。濃尾平野の田園地帯をのどかに走っていきます。途中、日本一の銀杏の産地である旧祖父江町(現在は稲沢市)を通過します。

 


f:id:tamikiti67:20190422152513j:image

尾張一宮駅に到着です。名古屋―岐阜間を競合するJR東海と一緒の駅舎に入る大きな駅です。私は4月4日に青春18きっぷで訪れたばかりです。

 

本線で新岐阜駅へ

 
f:id:tamikiti67:20190422152534j:image

一宮駅で特急に乗り換え、再び名古屋本線を岐阜に向かって北上します。一宮ー笠松間は直線的な線路が続きますのでスピードもあがります。川幅のある木曽川を渡ると岐阜県です。写真の色が悪いのは窓ガラスの色のせいです。


f:id:tamikiti67:20190422152525j:image

 JR東海道線の高架の下をくぐると名鉄岐阜駅はもうすぐです。


f:id:tamikiti67:20190422152554j:image

名鉄岐阜駅到着です。JR岐阜駅と300mほどしか離れていません。写真は一宮から乗ってきた特急電車です。一部ミューチケットが必要な車両も連結されていますが、今回は短距離であったことと電車賃節約のため無料の自由席に乗車しました。

 
f:id:tamikiti67:20190422172441j:image

特急列車の車内はこんな感じです。クロスシートの車両もあります。


f:id:tamikiti67:20190422152605j:image

名鉄岐阜駅は名古屋本線が高架、各務原線が地上駅の2層構造になっています。階段を下りて各務原線のホームへ向かい犬山行の普通電車に 乗ります。改札口を出ない構内にお土産屋さんでもあれば何か岐阜土産でも買おうかと思ったのですが、小さなファミリーマートしかありませんでした。

 

犬山経由で栄生へ


f:id:tamikiti67:20190422152624j:image

20分ほどで新鵜沼駅に到着です。JR高山本線との乗換駅になります。名古屋を出る名鉄犬山線の列車は新鵜沼行がかなりあります。 

 
f:id:tamikiti67:20190422152635j:image

ここで河和行の急行電車に乗ります。河和は名古屋を通り越し、知多半島の南の端にある駅ですが、今回の大回りの旅ではそこまで行かず名古屋駅の手前の栄生駅が終着です。 


f:id:tamikiti67:20190422152655j:image

犬山駅で女性ばかりの中国人観光客のグループがどひゃどひゃと乗ってきて電車は一気ににぎやかになりました。国宝犬山城でも行っていたのでしょうか。その後も扶桑、江南で帰宅の高校生が大勢乗車してきて混雑してきました。

 

犬山線はJRと競合する名古屋本線と違って、名鉄しか無い路線なので名鉄にとってはドル箱ではないかと思います。

 

名鉄犬山線 - Wikipedia


f:id:tamikiti67:20190422152709j:image

庄内川を渡る手前で名古屋本線と合流し名古屋市に入ります。名古屋駅の高層ビル群も見えてきました。

 


f:id:tamikiti67:20190422152729j:image

名鉄名古屋駅の一駅手前、栄生駅で大回りの旅は終了です。

 

 

まとめ

 

大回りの旅の費用は170円でしたが、私の最寄りの駅からの電車賃もあるのでトータルで今日の出費は900円でした。途中下車はできないので電車に乗っただけの旅でしたが、ちょっとした旅行気分を味わえました。特に津島線、尾西線、各務原線に乗るのは初めてでしたので新鮮でした。とりあえず電車に乗ってみたいという欲望を満たすにはいいですね。

 

ほんとうのところは津島駅で途中下車して藤の花で有名な天王川公園に行っても良かったのですが、途中下車すると今回のテーマの大回りの旅ではなくなってしまいますので、また今度ということにします。

 

 

aichi-osanpo.hatenablog.com

 

aichi-osanpo.hatenablog.com

 

aichi-osanpo.hatenablog.com