愛知お散歩ナビ

愛知お散歩ナビゲーターのほとんどうどんが公園、施設、工場、神社仏閣、その他いろいろ興味のおもむくまま歩き回ります。なるべく車を使わないエコな旅を提案します。

名古屋ワイルドフラワーガーデン ブルーボネット(名古屋市港区)

f:id:tamikiti67:20180710183404j:image

 こんにちは! 愛知お散歩ナビゲーターのほとんどうどんです。今夏は名古屋港にやってきました。

 

ワイルドフラワーガーデン ブルーボネットとは

  名古屋ワイルドフラワーガーデンブルーボネットは中部電力が創立50周年事業で新名古屋火力発電所の一部を整備したもので、2002年にオープンしたました。場所は名古屋市港区の潮見町で、名古屋港水族館のあるエリアから海を挟んだ対岸の場所になります。

 

ブルーボネットは四季折々の花が楽しめるイギリス風の庭園が見ものです。園内には22のガーデンがあり、園内には多種多様なワイルドフラワー(野性的な雰囲気を持つ草花)が咲き乱れています。そのほかにもレストランやガーデンショップ、植物の情報を検索できるコーナーなども設けられている施設です。

 

ちなみにブルーボネットとはアメリカテキサス州の州花にもなっている花の名前です。

 

名古屋港ワイルドフラワーガーデン ブルーボネット

 

開園時間
 3月1日~11月30日/9:30~17:00
 12月1日~12月23日/9:30~16:00
休園日
 毎週月曜日(ただし月曜日が祝日の場合は翌日)
 名古屋みなと祭開催日
 12月24日、冬季(12月25日~翌2月末日)

入園料
 大人:300円 65歳以上:200円 小中学生:150円 6歳未満:無料
 障がい者・付添人(1人):200円 小中学生障がい者:100円

駐車場:無料

 

それほど大きな施設ではないのでこんなものかと言えばこんなものですがお手頃な価格だと思います。

 

センターハウス

 

 f:id:tamikiti67:20180710183327j:image

センターハウスで入場券を購入して入場します。センターハウスには花苗や花に関連したグッズを扱うショップ「ボネット」の他、レストラン「アウラ」、2階には資料室などがあります。

 

f:id:tamikiti67:20180710183942j:image

 

庭園に入ります

 
f:id:tamikiti67:20180710183347j:image

センターハウスを抜けるとこのような風景が広がります。 私たちが行ったときは平日の昼間、しかも梅雨明けすぐの35度近い炎天下ということもあってお客さんは私たちのほかに数人しかいませんでした。

 

 f:id:tamikiti67:20180710183431j:image

夏だから花は少ないかと思っていましたが至る所にいろいろな花が咲いていました。

 

f:id:tamikiti67:20180710183520j:image


f:id:tamikiti67:20180710183449j:image

 

f:id:tamikiti67:20180710184251j:image 

 

f:id:tamikiti67:20180710183856j:image
庭園はきれいに管理されています。平日の炎天下とあって来園客は少なめですが、春のシーズンや土日はもっと賑わうのでしょう。

 
f:id:tamikiti67:20180710184019j:image

 

f:id:tamikiti67:20180710184315j:image

 f:id:tamikiti67:20180710184048j:image
散策路はウッドチップが敷き詰められていて足触りがむちゃくちゃ気持ちいいです。 


f:id:tamikiti67:20180710184123j:image

名古屋港を望める一角もあります。 完全に夏がやってきましたね。


f:id:tamikiti67:20180710184208j:image

 

f:id:tamikiti67:20180710183707j:image 

目をこらすと庭園の中はいろんな種類のトンボが飛んでいました。スマホですが昆虫図鑑のような写真も撮れました。


f:id:tamikiti67:20180710183725j:image

トンボは速い動きをするモノには反応を示しますが、ゆっくりゆっくり近づくとカメラにも気がつかないようです。20cmくらいの距離まで近づくことができます。昆虫採集はいけませんが、観察にお子様連れで訪れても楽しいかと思います。

 

アクセス

 

 

カーアクセス

伏見・栄からクルマで約30分!名古屋高速利用なら約23分
伊勢湾岸自動車道名港潮見ICを降りて約5分!四日市IC・岡崎ICから約30分!
名古屋高速4号東海線船見ICを降りて約5分!

潮見橋ルート
名古屋市内の伏見通りを南下、「柴田本通1」交差点を右折、潮見橋を越えて最初の信号を左折。または、名古屋高速3号大高線笠寺インターから「星崎1」交差点を右折、潮見橋を越えて最初の信号を左折。
名港トリトンルート
名港トリトン(伊勢湾岸自動車道)名港潮見IC経由、約2km。


公共交通機関

市バス新瑞橋発14系統「ワイルドフラワーガーデン」行き(乗車時間約32分)「ワイルドフラワーガーデン」下車、徒歩約3分。
市バス金山発19系統「ワイルドフラワーガーデン」行き(乗車時間約35分)「ワイルドフラワーガーデン」下車、徒歩約3分。
市バス神宮東門発19系統「ワイルドフラワーガーデン」行き(乗車時間約30分)「ワイルドフラワーガーデン」下車、徒歩約3分。

名古屋市営地下鉄市バスの一日乗車券・土日エコ切符の提示で入園料が1割引きとなります。

 

水上バス

●地下鉄 名港線「名古屋港」駅より徒歩約5分。「ポートビル」より約10分。
●あおなみ線「金城ふ頭」駅より徒歩約5分。「水上バスのりば」より約20分。